ゆっくり食べるトレーニング



ゆっくり食べるトレーニング

僕がダイエットをはじめてからというもの、かみさんは自分なりにダイエットに向いた食事を作ってくれるようになり、ダイエットに向いた食事法なんかも調べて僕に教えてくれるようになりました。その1つがゆっくり食べるってことです。

僕はいわゆる早食いタイプの食べ方なので、よく噛まずに飲み込んでしまう癖があります。噛む回数が少ないと食べる量が増えてしまってダイエットには向きません。そのうえ胃腸にも大きな負担をかけて消化不良や胃もたれの原因にもなってしまいます。ゆっくり噛んで味わって食べる、これは健康的な食事法なんです。

「また噛んで食べてない!」と、食事の度に言われてしまいます。子どもを前にして親として情けないなと思いつつもつい噛まずにパクパク口に料理を運んで飲み込んでしまう、僕が小さい頃から指摘され続けてきたことだけど、もうすぐ40にもなってまた言われるなんて、僕は成長していませんね(苦笑)。

かみさんいわく、食事には20分~30分はかけてもらいたいとのこと。噛む回数はひと口20回以上。これに対して僕の食事は長くても10分。ひと口の噛む回数は何回だろう? 多分数回でしょうね。

ミュゼの料金

噛む回数を数える

本当に情けない話なんですが、あんまりにも僕が早食いしているとかみさんに制止させられて噛む回数を数えはじめます。「1回、2回、3回……」と数えられ、20回まで数えられます。それで噛み終わったら飲み込んで、「はい、じゃあ次を口に運んでよし!」ってな感じです。子どもの前でそれですよ? 情けないにも程がありますわ。

でも、そのお陰か、最近はようやく自然な時でもよく噛んで食べる癖がついてきたかなと感じてます。先日職場の同僚と外食した際に、いつもは一番に食べ終わるのに、友人たちより食べ終わるのが遅くなっていました。「食べるの遅くなった?」と気がつかれたくらいでした。それでもまだかみさんとしては早く食べすぎみたいですけどね(笑)。

たくさん噛んでゆっくり食べるようになって、食事の量も減りました。「今日はお腹ペコペコだ!」って日でも思いのほか食べられなかったりもして「あれ?」というのが良くあります。よく噛んで食べた結果、満腹中枢が食欲を抑えるようになったのでしょうね。